コンテンツへスキップ

ヨーロッパにおける高齢者交通の認識 高齢者の自動車運転は加害者集団ではなく、運転をやめて道路を歩行することは交通システムで最大の被害者になることである。

2014/07/26

Background to SaMERU

Safer Mobility for Elderly Road Users

高齢者のためのより安全な交通

交通の安全は主要な社会問題です。

2009年には、高齢者は、交通事故死者の20%に相当しました。高齢者の人々の安全性および交通移動性の改善は先進国の重大な問題になりました。

私たちがより長く生きていることにより、晩年の交通移動性の望みは増加しています。例えば、65歳以上の人々が経済活動に貢献している場合、自動車で仕事場へのアクセスを必要とします。彼らは、しばしば家族と友達のために介護者の役割を引き受けたり、育児に関する補助的支援をするように依頼されるかもしれません。

高齢の道路使用者は、経済社会の構成員の中で、すべての年齢集団中で最も急激に増加しています、OECD加盟国の人々の25%以上が2050年までに65歳以上になります。85歳以上の人々の数が2010年に人口の4%から2050年にはほぼ10%まで増加すると予想されます。運転距離あたりの事故確率は、85歳以上の人々は、20歳未満の危険より少ないが、2番目に高いリスクグループです。フランスでは、65歳以上の人々は、すべての歩行中死者の51%を占めますが、人口構成比は15%未満です。イタリアでは、交通事死傷者は80-84歳集団において最も高く、重傷者は70-74歳集団において最も高いのです。

高齢の道路使用者が事故に関係する場合、身体の虚弱性により重大な致命傷の危険はより高くなります。

高齢の人々には、認知その他の老化の問題により運転が困難になる場合に自動車の輸送の代替モードの使用が交通移動の支援になることはわかっています。

より長く生きることは、国家の医療費および介護の圧力を増加させることを含んでいます。将来の高齢者支援策のデザインは、交通移動性および家庭での社会的相互関係を求める必要に注目されるでしょう。

私たちが加齢とともに、私たちの主要な移動手段としての自動車の継続的な依存については、安全と可動性の問題と加齢との戦いです。交通移動性の縮小は、孤立や、孤独(低下)、より低い生活の質に結びつき、身体的およびメンタル・ヘルス減退の不安を増加させる場合があります。

高齢の道路使用者の安全性および可動性は、薬物治療およびアルコール摂取と同様に、感覚、身体的、認識および認識能力を含むいくつかの加齢に関連した変化によって影響されます。

社会学的要因はさらに影響(例えば収入、居住環境)します。地方自治体と政府は、安全性と交通を支援する統合的アプローチを深めるというこれらの本質的な行政に直面しなければなりません。これらの実行には、教育、広報およびトレーニング・プログラム、より安全な道インフラストラクチャーの開発、自動車の設計および新技術、公共交通機関オプション、および、より安全な慣習の促進を含んでいます。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。