コンテンツへスキップ

日本とヨーロッパの道路歩行中の事故死者の比較

2014/07/25

 

下のグラフは年齢層区間別の交通事故死者数に対する歩行者の事故死者の割合を示したものである。

image

データ:日本:警察庁 ヨーロッパ: SaMERU  2013

日本とヨーロッパのデータベースでは年齢区間の分け方が違うので横軸は線形ではない。

すべての年齢層で日本は歩行中の死者の割合が大きいが特に高齢者ではこの傾向が顕著にみられる。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。