コンテンツへスキップ

高齢者の扶養を伝統的な家族制度から社会保障制度に移行した過渡期にあることを考えず 年金積立額だけで世代間の損得を言うのは間違いである

2014/07/14

下のグラフは

総務省統計局 人口統計資料集 2014年版 第2章 人口・世帯 2-1人口の推移と将来人口 に表からグラフにしたものである。

http://www.ipss.go.jp/syoushika/tohkei/Popular/Popular2014.asp?chap=2&title1=%87U%81D%94N%97%EE%95%CA%90l%8C%FB

image

生産年齢層と非生産年齢層の構成比を見ると、1878年(大正9年)から開戦前の1940年までと同じ状況になるのは2025年。2070年以降は50%で平衡状態になるとの推定である。違いは、子供の数と高齢者数が1995年を境に反転して来ていることである。

世帯の家族構成の推移を見てみると

「歴史的に見た日本の人口と家族」 立法と調査 2006.10 No.260
第三特別調査室 縄田 康光 http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/rippou_chousa/backnumber/2006pdf/20061006090.pdf#search=’%E4%B8%96%E5%B8%AF+%E6%AD%B4%E5%8F%B2′

論文の表7、普通世帯に占める核家族の割合 (97ページ)から、両親と同居の世帯の割合を推定したグラフを描いてみた。

image

1975年あたりを最小点としてV字型になっている。1920年では夫婦当たりの子供の数が多く、長男が両親を扶養する伝統的な家族制度の時代であって、両親を扶養しなくてもよい世帯が50%以上あったことになる。この状態は1975年まで続いた。これは、都会集中型のサラリーマン世帯が増えたこともそれを加速した。以後、同居の割合が上昇傾向にあるのは少子化のためである。

この間、社会保障の変遷は、下のグラフで見るように、1970年以前には、高齢者の社会保障給付(年金・医療費)は無く、長男夫婦世帯の負担になっていた。

image

社会保障統計年報データベース 第17表 社会保障給付費等の推移 第26表 国民負担率(租税負担及び社会保障負担)の対国民所得比の推移

http://www.ipss.go.jp/ssj-db/ssj-db-top.asp

たとえば、1970年まで30歳年上の両親75歳と同居して生活した場合、親が1955年60歳で無収入になったとするとそれ以後15年間(平均余命)経済的支出を負担したことになる。その間、1990年65歳で退職まで社会保険負担もしていた、いわゆる2重負担を強いられていたことになる。この人達はは現在85歳。

image

第5表 平均余命(性×特定年齢×年次別)社会保障統計年報データベース http://www.ipss.go.jp/ssj-db/ssj-db-top.asp

言い換えれば、社会保障制度が不完全な世代の人達は高齢両親を同居家族で経済的負担や介護をしていたのであって、その額は現在の所得比20%弱の社会保険掛け金率より高い負担であったとみるべきであろう。それは伝統的家族制度では高齢両親の扶養義務のない世帯が55%以上あったことである。

現在の高齢者に対する社会保障制度は、家族構成がどんな形態であろうと、生産世代の一人一人が社会保障費を公平に負担をする社会に代わってきたとみるべきであろう。

もちろんこの統計の期間100年間には、高齢者の余命の長寿化以外にも、医療水準の高度化に伴う負担増、生産世代のサラリーマン化で定年制により健康な内に仕事を失うなど、多様な社会的要素があり、単純なモデルで言い切れないが、ただ一つ確信を持って言えることは。

高齢者の生活を家族で支えてきた過渡期の世代があったことを忘れ、生産時代に積み立てた社会保険負担総額と、老後受ける予想給付額だけを比べ、世代間の不公平を言うのは、あまりにも幼稚な認識不足であることが分かる。

また、同居世帯の推移を見ると、高齢者の世帯だけで独立して生活ができる社会保障給付水準になった現在でも、住居環境が整うにつれ伝統的な家族形態は維持されて来ているのは興味あることである。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。