コンテンツへスキップ

同盟国と云う国際社会で自分の存在感を誇示したいだけの焦りに見える安倍首相 自国の若者の命や人権を代償に

2014/06/29

憲法解釈の変更による集団的自衛権行使、地方の自民党支持者でさえ集団的自衛権行使容認を急ぐ安倍政権に対する不信決議。

国会議員でも積極賛成派は、将来、首相や防衛大臣が回ってきそうな中枢議員だけのように見える。愛国心を利用した絶対権力の獲得は政治家にとっては最大の誘惑であろう。

これが自民党支持政治家の中で中央政権の国会議員だけが浮き上がっている証拠であろう。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。