コンテンツへスキップ

武力を使わず再統一を果たしたドイツ民族の忍耐力 東西分断から45年かけて

2014/05/04

戦争:それは権力組織間で決着をつける短期的な解決策かもしれないが、結果は、多くの住民が生命を奪われ悲劇を生み破滅に終わる。

忍耐力:自由や人権を奪われ、精神的・経済的苦痛を伴っても、戦争ほど多くの人命を奪われることなく再生の機会が期待できる。

兵力を持ちながらそれを権力闘争に行使しない抑止力。ヨーロッパで2回の敗戦から学んだドイツ指導層の歴史認識であろう。

残念ながら、ご都合主義の歴史認識、同盟国の強力な傘に入り権力の恒久化を図ろうとするかに見える日本の政権、この様な政府に若者の命を預け、集団的自衛権を任せることの方が最大の不安である。

追記: 投稿から5時間後の時点で参照いただいた記録、どうしたらもう少し読んでいただける記事になるだろ? どなたかご助言をいただきたい。

image

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。