コンテンツへ移動

人類の悲願 不老長寿 今度こそ成るか?

2012/10/11

iPS細胞 は分化した細胞をリセットし、初期状態の遺伝子情報を取り戻すと説明されている。

しかし、これから生まれて来るのは新しい生命の誕生であり不老不死には当たらない。

私たちの生命維持の為の器官の再生、更新が出来るようになることは素晴らしい医療技術であろう。

脳内でも、情報を連結する神経細胞の更新は活動を活性化するのに期待がもてよう。

ここで私たち人間にとって不老長寿とは何であろうか? 単純にいえば人格の継続であろう、 それを司る細胞集団はどんなものだろう。

そこでは、細胞分裂の能力を維持するする「テメロア」を延長する方法と、それと合わせて、傷ついたり変異した悪性遺伝子の修復技術が求められる。

コンピュータでいえば、オペレーションシステムやハードウェアだけを更新し、構築された全ての情報を維持しながら障害となった記憶領域だけを駆除する技術をを連想する。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。