コンテンツへスキップ

デルフトの眺望を求めて

2008/10/26

  デルフトの眺望を求めてDelftFM
The View of Delft  Vermeer 1660-61. The Hague, Mauritshuis
2002年、デン・ハーグのマオリッツハウス美術館でフェルメールのデルフトの眺望を見て、写生ポイントを求めてデルフトまで足を伸ばした。フェルメールはこの絵を”camera obscura"「針穴写真機」の助けを用いて書いたとの話を聞いて、似たような景色を探してみた。もちろん、絵画であるから写真のようにまったく同じに描いたとは思われないし、350年も前の景色である。

DelftFMP

右上の原画の一部、双子の塔と思われる部分を切り出して拡大して示したのがたのが右の映像である。

下の写真はデルフトで似た景色を求めて探しながら撮ったもので、中央の双子の塔は古い歴史的建造物でフェルメールの時代にはすでにあったことは確かである。

Delft3   DelftMP

右の中央の教会の尖塔もなんとなく雰囲気が似ているようにも見える。今東京都美術館で行われているフェルメール展・デルフトの巨匠たち、ヘイデンのデルフトの風景画もこの町に訪れた記憶を思い出させるものがあるかも知れない、興味深く期待している。12月に出かけるつもりにしている。

One Comment leave one →
  1. みぃ permalink
    2008/10/26 15:15

    Dear 夜空光
    みいもいく!一緒につれってってください。(笑)

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。