コンテンツへ移動

クラーク インシュティチュート美術館と睡蓮池

2007/08/14
 The Clark Art Institute, Williamstown Massarchusetts
マサチューセッツ州西北端の小さな町ウィリアムスタウンにある美術館、ルノアールの絵画やドガの彫刻のコレクションで知られている。
今年は9月半ばまで、クロード・モネの特別展「知られざるモネ」と題してパステル画などの珍しい作品が展示されている。
このキャンパスには、第二期の計画として建築家安藤忠雄氏の設計になる建物が出来る計画があるが残念ながら5年ほど先のようだ。
本館の横には大きな睡蓮の池があり今が満開であった。フランス・ジベルニーのモネの睡蓮の池とは趣が違うが、大木の松を映す水面も雄大でよい。
美しい歴史的雰囲気の文化的な町である。この町にはウィリアムス大学がありその美術館も公開されている。
タングルウッドとともにニューイングランド地方の文化を象徴する町といえよう。
フォトアルバム ”クラークインシュティチュート美術館とそのキャンパス” へ
No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。