コンテンツへスキップ

どうにも理解できない話

2006/10/27
学習指導要領というマニュアルを守ることが何をおいても大切なことか?
ここ数日、高校で世界史を取得していない生徒の卒業条件にからむニュースやコメンテーターの話がメディアで盛んに報道されている。
これらの議論を見ると、嘘を報告した校長の公文書偽造の罪を摘発し裁判にかけることが至極当然のことであり、これが法治国家の基本ルールであると思われるが、不思議なことにの至極当然の議論が表面に出ていないし、検察も動いていない様子なのが理解できない。
この校長の不法行為を「ちゃら」にすために、いまさら補習授業を受けさせられる生徒、授業を受け持たされる先生がその尻拭いをしなければならないという議論がどんな根拠から出てくるのであろうか。学習指導要領というマニュアルを守るという素朴な発想としか思い当たらない。
校長だけにこの罪をかぶせるのは酷だという感覚が分からないわけではない。そのような同情が生まれるのは、学習指導要領に現実から遊離して「死に体」になっている部分があるという社会的感覚があるからではなかろうか。
もともと、地方に設置された教育委員会制度は、校長や教員を管理するのみの機関ではなく、地方の実情に合わせた教育運営を校長と協議したり、教育内容についてもある程度の裁量権を委ねる制度であると思う。今回の事件もこの裁量の範囲とすれば、今のままで合法的に卒業認定できるのではなかろうか。校長が教育委員会に相談出来ない程、無能で機能しない教育委員会でしかなかったのか。
昨年まで同様のカリキュラムで卒業していたのに不公平だとか、いまさら生徒がかわいそうだとかといった本質と関係のない議論をしないで、教育委員会、文部科学省が見てみぬ振りをしていた責任を告発すべきである。
むしろ、生徒や、保護者が世界史の教育を高校で受けられ無かったことが、社会に出てから損失になると思えば、校長や教育委員会に民事訴訟を起こす立場にあるのが本来であろう。
この事件に関わらず、マニュアルを忠実に守ることが善であるといった責任回避の思考停止社会から脱却する時が来ていると思う。
論理的に正しく、社会的にも容認出来る解決を望む。
 
No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。